After care

<タトゥー・刺青施術後のアフターケアについて>

施術後のアフターケア方法により、出来上がりが大きく左右しますので、
可能な限り以下の注意事項に沿ってケアを行なってください。



1. 施術当日
施術後のアフターケアについてはアーティストから指示をします。

〜施術当日の注意事項〜
-入浴を避ける ※シャワーはOK
-飲酒を避ける
-保湿をする
-施術箇所にむやみに触れない
-施術箇所をこする、強く洗う、掻くことを避ける
-プールや海、公衆浴場は禁止
-日焼けや不衛生な行為を避ける


施術後数日間は施術箇所への細菌感染リスクが高いので、
刺激を与えず、清潔な状態を保って下さい。



2. 2日目以降
傷口が完治するまで細菌感染リスクは伴うので、上記の注意事項を守って下さい。
また、2日目以降特に重要なのは、しっかり保湿をしてあげることです。

〜推奨する保湿剤〜
-テラマイシン
-テラコート・リル
-アフターインクド
-白色ワセリン
-オロナインh軟膏


外気に触れる箇所は特に乾燥しやすいので、1日に数回塗り直しをし、
できるだけ常に保湿されている状態を保って下さい。

出来上がりまでの日数は個人差がありますが、 最低2週間から1ヶ月はかかります。
日が経つにつれて施術箇所が痒くなりますが、完治までの必要なプロセスです。
施術から2週間以内は、絶対に掻かない、かさぶたを無理に剥がさないようにして下さい。

施術箇所を掻くなどの強い刺激を与えると、
色飛びやにじみの原因になります。
また、完治までの時間もより長くかかるので注意して下さい。



3. 保湿について
施術箇所は常に清潔を保ちながら保湿をすることが重要です。

起床後、帰宅後、就寝前は一度保湿剤を優しく洗い流し、
キッチンペーパーなどで優しく水気をとってから保湿するようにして下さい。

施術箇所を洗う時、インクが落ちる場合がありますが、
この点は出来上がりに関わることではないので、優しく洗い流して下さい。

保湿剤を塗布した後に、保湿剤が服に付着するのが気になる場合は
サランラップなどの清潔なものを貼り付けて下さい。



4. フィルムドレッシングについて
作品や施術箇所により、施術後にフィルムを貼る場合があります。
このフィルムは施術日から5日間ほど貼りっぱなしにしておいて下さい。

5日間の中でフィルム内にインクが溜まることがありますが、
こちらも出来上がりには影響しません。
放置していただいて大丈夫です。

※しかし5日経過する前に以下のような感覚があれば直ちにフィルムを剥がして下さい。※
-異常に痒い
-痛い
-肌に赤みが出てきた

この状態で貼りっぱなしにしていると、肌があざになってしまうことがあります。

もしくは、5日経過する前に自然に剥がれてしまったとしても大丈夫です。
上記と同じ注意事項に沿って、清潔な状態で保湿をしっかり行えば問題ありません。





タトゥーや刺青は自然治癒力を使って完成させていきます。
自然治癒力を高めるため、日々の栄養摂取や休養をとることも意識すると良いですね。

SCHEDULE

2024.07.24 Wednesday